ようこそラスベガス記者のブログ

カジノの街“ラスベガス”で発行されているフリーペーパー「ようこそラスベガス」の記者によるブログ。ホテルやカジノ、周辺国立公園や観光スポットなどを紹介。ここだけの裏話、裏情報も!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

エルトン・ジョン

ホテル“Caesars Palace(シーザーズ・パレス)”で人気のショーと言えば、Celine Dion(セリーヌ・ディオン)の“A New Day(ア・ニュー・デイ)”。

そのセリーヌ・ディオンが休みの間、シーザーズ・パレスのコロシアム型シアターに登場するのは、イギリスが誇るトップ・アーティストSir Elton Hercules John(“サー”エルトン・ジョン)。

公演期間が短いためもあってか、セリーヌ・ディオンよりチケットの入手が困難とも言われることがある。

今回のエルトン・ジョンの公演は現地時間の10/10~10/22。そう、昨日が今回の千秋楽。コネクションをフル活用してチケットを何とか入手…「ようこそラスベガス」のスタッフ一同でコロシアムへと向かう。席に案内されてビックリ!何と前から2列目のど真ん中!流石280ドルするチケットだな…と驚く間もなくショーはスタートした。

20061024093933.jpg


エルトン・ジョンのショー・タイトルは「The Red Piano」。その名の通り、ステージ上には真っ赤なピアノが据え付けられ、奇抜な衣装に身を包んだエルトン・ジョンが歌いまくり弾きまくる。彼の歌声とピアノの腕前は、60歳に届こうという今でも衰えることを知らず…パワフルかつ繊細で、曲が始まって3秒で魅了されてしまう。

20061024094024.jpg


一方、バンド構成は意外とシンプル(ギター、ベース、ドラム、キーボード、パーカッション)だったが、エルトン・ジョンの’70年代の黄金期を支えたバンド・メンバー、ドラマーのナイジェル・オルソンやギタリストのデイヴィー・ジョンストンがいたせいもあり、サウンドとコーラスには抜群の安定感があった。

20061024094018.jpg


選曲は、“Daniel(ダニエル)”、“Rocket Man(ロケット・マン)”、“Candle In The Wind(キャンドル・イン・ザ・ウインド)”などの代表曲を軸に、ファンには堪らない、彼の歴史を振り返るかのようなセレクション。また曲に合わせた演出もそれぞれ考えられていて、主に使われていたのは後のスクリーン。“ポートレートの鬼才”と謳われ、’92年キース・リチャーズのアルバム「メイン・オフェンダー」のジャケットを撮影したことで一躍有名になった写真家、“David LaChapelle(デイビッド・ラシャペル)”が監督を務めるVTRが頻繁に流されていた。そのVTR良く見ていると、どこかで見たことのある顔が…ジャスティン・ティンバーレイク(ポップ・グループ“イン・シンク”のメンバー、キャメロン・ディアスの彼氏としても話題)が若き日のエルトン・ジョンを演じていたり、パメラ・アンダーソン(プレイボーイ誌の元人気プレイメイト、ハード・ロック・バンド“モトリー・クルー”のドラマー“トミー・リー”の元妻としても有名)がポール・ダンスを披露するなど、エルトン・ジョン本人とスクリーンと、どちらを見るか迷ってしまうほど。

M.M.jpg


また、フロント・オーケストラと呼ばれるステージ前の客席の中でも、最前3列に座ることができたら、いつでも飛び出せる(!?)心構えを。ショーの終盤で、驚きの演出があるかもしれない。

曲の間に挟まれるお喋りも面白く、息をつかせる間もない1時間30分。

40年近いキャリアを否応無しに感じさせられるステージは、ラスベガスでしか見ることのできない、まさに本物のエンターテイメント・ショー。決してセリーヌ・ディオンの穴埋めだと思って見てはならない。

20061024093925.jpg


※グランドキャニオンやラスベガスについての詳しい情報は、
ようこそラスベガスのHPをご覧下さい。
各種ツアーやショー・チケット手配の他、動画や写真をお楽しみ頂くこともできます。



スポンサーサイト

PageTop

A New day

さて、今日のブログは 『A new day』 のブログです。

A new day logo


このショーは、あのセリーヌ・ディオンをメインとしたショー。
基本的にはセリーヌのコンサートだが、コンサートと言うにはあまりに不釣合い。
ラスベガスで『オー』に並ぶ人気の、れっきとした ショー なのだ。

実はこのショーの演出は、シルクドソレイユの演出家だった、
フランコ・ドラゴーン が手掛けている。

オー カー ミステア ルレーヴ 等を手掛けたフランコだけに、
期待しない訳にはいかない。

現在レイクラスベガスに住まいを構えるセリーヌは、
ほぼ毎日、ショー会場のあるシーザスパレスにヘリで出勤する。

なぜセリーヌは全国を回らず、新曲を出さず、
ラスベガスに拠点を置いているか知ってますか?
単純な話、家族との時間を大切にしたいから、だそうだ。


前置きはこれぐらいにして、当日のお話をしよう。

この日映像チームが帰って来た事もあり、突然 『シーザス行くぞ!』 となる。
かくして、私と映像チームの二人、計3人はシーザスパレスに向かうのでした。

A new day シーザス


チケットは毎日の様にとっていて、コネクションがあるので、
なんとか購入!
エージェントの特権ですね(^^v

会場に入ると、他のショーでは考えられない厳重な入場チェック!
カバンの中身は丹念にチェックされ、カメラは全てカウンターに預ける。

他にも驚く点がある。会場の高級感だ。
元々高級感漂うシーザスパレスだが、この会場は特にすごい。
白と赤で統一され、重厚感のある壁・柱。
ドレスコードはないはずだが、ドレスアップした客が多数いる。
サンダル・ジーパン の我々はちょっと浮いていた(^^;

フランコが手掛けるショーの余興には、必ず人物が登場するのだが、
A new day はちょっと違った余興が行われた。
ステージと観客席が一体となれる様な余興で、セリーヌの存在感を消さない為だと考えられる。

ショーが始まり、私達は時間と場所の感覚を失った。
60人以上になるダンサーと、巨大なスクリーンが、
私達を色々な場所に連れて行ってくれる。
豪邸・森・街中 果ては宇宙まで。この臨場感とセリーヌの存在感が、
時間・場所を忘れさせてくれるのであろう。

セリーヌの歌声も素晴らしく、透き通るあの声は健在。
詳しく書けないのが残念だが、今しか見る事のできないセリーヌを見逃さないで欲しい。
演者の控えはいても、セリーヌはただ1人なのだから。

A new day Last


実際に見られた方は、是非コメントを残してください。
感動を共有したいです。

                   ようこそラスベガス
                     ショー記者(?)                          山形 嘉則

※グランドキャニオンやラスベガスについての詳しい情報は、
ようこそラスベガスのHPをご覧下さい。
各種ツアーやショー・チケット手配の他、動画や写真をお楽しみ頂くこともできます。

PageTop

KA(カー)

2週間ぐらい前に、MGM Grand で行われているカーを見てきた。
もうちょっと早くブログを書けって?
元々ショーの記者じゃないはずなのですが・・・(^^;

KA logo


前情報として、

①ラスベガスのショーで最もシアター建設費が高いショー(約250億円)
②ステージがない

少年心をくすぐる前情報だったため、過度の期待を持ってのぞんだ。


シアターに入ってから自分のあるミスに気づいた。
「あ!!水忘れた!!」
そう、どのシアターに行っても中で買う飲食はとても高いのだ。
まあ雰囲気料と考えて、水を購入。ちなみにカーシアターでは$4でした。
普通のペットボトルのミネラルウォーターなのですが・・・
「何でこんな高いねん!」 と言っておきました。
当然日本語で。


劇場に入り、私たちの前に現れた 「ステージのないステージ」
係員は全て衣装を身にまとい、メイクも万全。
ステージの下から炎があがっていて、我々気分を最大限に高めてくれる。
さすがシルクドソレイユといえる完成度。


ショーが始まり、さらなる完成度に愕然とさせられた。
詳しい記述は避けるが、カーの醍醐味はアクロバティックにあらず。
ステージと発想力にあり。


KA Show 中




カーを見た人は何度も何度も口を開け、呆然とさせられるだろう。
特に男性はぜひ見る事をお勧めする。
無邪気な少年の頃に戻り、心から ワクワク ドキドキ を楽しめるだろう。
完成度もさることながら、見終わった後の満足度もさすがシルクドソレイユ。
もしかしたらもう一度見たがっているあなたがいるかもしれません。


KA 看板




さて、次は 『A new day』を見に行ってきます。
あれ?俺ショーの記者だっけ?

            ようこそラスベガス  山形 嘉則

※ショー予約ツアー予約についての詳しい情報は、
ようこそラスベガスのHPをご覧下さい。
各種ツアーやショー・チケット手配の他、動画や写真をお楽しみ頂くこともできます。

PageTop

O(オー)

昨日友人とべラージオでやっている オー と言うショーを見てきました。
ラスベガスに住んでいて初めて『オー』を見に行くのも変ですよね。
まあ私はショーの記事を書かないので、仕事を忘れ普通に楽しむつもりで見てきましたよ。

O logo


初めステージに入った時、案外地味な事に驚いた。
ステージに100億円かけている割には、普通の作りだな と感じたのを覚えています。
まあその考えもショーが始まると取り除かれるんですがね。

シルクドソレイユのショーは開演前に余興で観客を楽しませる。
それを知っていたので、開演30分前に会場入りし、ポップコーンもコーラも準備万端!
ピエロがゆっくり客席を練り歩き、客を楽しませるのだが、
この余興の為だけの仕掛けが会場にあるのだ。なんと贅沢。

余興でも存分に楽しめ、いよいよ開演。
詳しい内容の記述は控えますが、中世のヨーロッパを思わせる芸術は、
さすが と思わせます。
ステージの仕掛けも素晴らしく、飛び込んでいたプールに、突然人が走りぬけたときは、
水の上を歩ける人間を発見した! と思わず興奮しました。

o oldman



好みもあるだろうが、Las Vegas一番人気と言うのにうなずけるショーで、
確かに素晴らしかった。品のあるショーで幻想的な世界へ入り込める。


ちなみにこのショーはBellagioと言うホテルで行われている。
ホテルの前でやっている、噴水のショーも見物です。

Funsui



じゃあ、次はカーのブログでも書こうかな。

                 ようこそラスベガス 山形 嘉則



※ショー予約ツアー予約についての詳しい情報は、
ようこそラスベガスのHPをご覧下さい。
各種ツアーやショー・チケット手配の他、動画や写真をお楽しみ頂くこともできます。

PageTop

ミステア(Mystere)

2006年8月 シルクドソレイユのラスベガス第1作目の『ミステア』が6000回を迎えました。

6000


この記念すべき公演に招待され、ようこそラスベガス一行はTIに向かいました。

恥ずかしながら私は初めて『ミステア』を見ることになりました。

もともと人気の低くないミステア。この日も当然満員での公演だった。
流動性の高いラスベガスで10年間も続いているショーなのだから当然だろう。

このショーもシルクドソレイユの持ち味、芸術とアクロバティックが主体だ。
『オー』や『カー』のように、数人でアクロバティックを見せるものより、
個人の限界を見せるシーンが多いのが特徴。
巨大な和太鼓の登場は日本を思い出させる。

20060923093750.jpg


時折見せる笑いのシーンも実に上手くできており、
1000歳と言い張る赤ん坊が観客に数々のイタズラを仕掛けてくる。
実はこの子供がアッと驚かせる演技があり、最大の重要人物と言えよう。

<ystere2


芸術・アクロバティック・笑い・構成 など、シルクドソレイユの色が強く、
原点とも言うべきこのショーを見ずにシルクドソレイユは語れない。

値段もお手ごろで、取りづらいショーではないので、
頻繁にラスベガスに来る方にはお勧めです。

                   ようこそラスベガス  山形 嘉則

※グランドキャニオンやラスベガスについての詳しい情報は、
ようこそラスベガスのHPをご覧下さい。
各種ツアーやショー・チケット手配の他、動画や写真をお楽しみ頂くこともできます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。