ようこそラスベガス記者のブログ

カジノの街“ラスベガス”で発行されているフリーペーパー「ようこそラスベガス」の記者によるブログ。ホテルやカジノ、周辺国立公園や観光スポットなどを紹介。ここだけの裏話、裏情報も!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ケープ・ロイヤル(グランドキャニオン・ノースリム)

グランドキャニオン・ノースリム撮影話の続きです。

公園の入口ゲートを過ぎて最初に向かったのは、入口から約25マイル、南東へ大きく迫り出す断崖Walhalla Plateau(ワラヘラ・プラトー)の先端にある展望台Cape Royal(ケープ・ロイヤル)。

駐車場で車を降りて、割と歩きやすい道を5分ほど歩くと、左手前方の断崖に大きな穴が・・・。

ここはAngel’s Window(エンジェルズ・ウィンドウ)という、石灰岩でできた断崖が浸食され大きな穴が開いた、自然にできたアーチ。この穴からずっと先の方にはコロラド川が望め、写真を撮るには絶好の場所でした。普通に断崖からキャニオンを撮るのとは、一風変わった写真が撮れますよ!

20061011022553.jpg

さらに先へと約5分歩き、一番端のビュー・ポイントへ付きました。もちろんここからは、ノースリムの大峡谷が180度パノラマで眺めることができ、グランドキャニオンの壮大な景色をゆっくりと堪能。危ない所には手すりやフェンスも備えられていて、安全に景色を眺めることができました。

ケープ・ロイヤルはゲートから少し距離があるためか、他のビュー・ポイントより比較的空いていました。混雑が苦手な方にはお勧めですね。

次回はPoint Imperial(ポイント・インペリアル)について・・・。

※グランドキャニオンやラスベガスについての詳しい情報は、
ようこそラスベガスのHPをご覧下さい。
各種ツアーやショー・チケット手配の他、動画や写真をお楽しみ頂くこともできます。

スポンサーサイト

PageTop

ミステア(Mystere)

2006年8月 シルクドソレイユのラスベガス第1作目の『ミステア』が6000回を迎えました。

6000


この記念すべき公演に招待され、ようこそラスベガス一行はTIに向かいました。

恥ずかしながら私は初めて『ミステア』を見ることになりました。

もともと人気の低くないミステア。この日も当然満員での公演だった。
流動性の高いラスベガスで10年間も続いているショーなのだから当然だろう。

このショーもシルクドソレイユの持ち味、芸術とアクロバティックが主体だ。
『オー』や『カー』のように、数人でアクロバティックを見せるものより、
個人の限界を見せるシーンが多いのが特徴。
巨大な和太鼓の登場は日本を思い出させる。

20060923093750.jpg


時折見せる笑いのシーンも実に上手くできており、
1000歳と言い張る赤ん坊が観客に数々のイタズラを仕掛けてくる。
実はこの子供がアッと驚かせる演技があり、最大の重要人物と言えよう。

<ystere2


芸術・アクロバティック・笑い・構成 など、シルクドソレイユの色が強く、
原点とも言うべきこのショーを見ずにシルクドソレイユは語れない。

値段もお手ごろで、取りづらいショーではないので、
頻繁にラスベガスに来る方にはお勧めです。

                   ようこそラスベガス  山形 嘉則

※グランドキャニオンやラスベガスについての詳しい情報は、
ようこそラスベガスのHPをご覧下さい。
各種ツアーやショー・チケット手配の他、動画や写真をお楽しみ頂くこともできます。

PageTop

グランドキャニオン(ノースリムまでの道程)

先日、グランドキャニオンのノースリムへ撮影に行きました。

15Sign

ラスベガスからノースリムへの道程は・・・インターステート15号を北へ約75マイル、1時間ちょっとのドライブで、ネバダ州での最後の町Mesquite(メスキート)を通過してアリゾナ州へ。そこから35マイルほど走ると、続いてすぐに3つ目の州、ユタ州へ。

さらに15号を北上し、St. George(セント・ジョージ)の町の手前を走っていると、前方に巨大な壁が出現!?しかし私の心配をよそに、道は壁の直前で右へとカーブした後、谷の間を走る様に北へと続いていました。そのままWashington(ワシントン)の町を過ぎたら州道9号へ右折。のどかな町Hurricane(ハリケーン)を横目に見つつ、今度は州道59号へと右折。60マイルほど走った後、小さな町Fredonia(フレドニア)で国道89A号へ。

Kaibab sign


ここで、Jacob Lake(ヤコブ・レイク)へと向かう山道にあるビュー・ポイント、Kaibab National Forest(カイバブ・ナショナル・フォレスト)に立ち寄りました。ここは、丘の上の小さな森(?)を抜けた展望ポイントから、眼下に広がる平原と、遠くに見える山々を見渡せる場所です。平原に生えているわずかな木の緑と、山の赤茶色、空の青とのコントラストがとても美しく・・・遠くにいくにしたがってぼやけて見え、まるで淡い水彩画の様な景色を見ることができます。長いドライブの途中で一息つくには、絶好のポイントですから、美しい景色でリラックスしてみてはいかがでしょうか?

Kaibab 2


さて、ここを過ぎたらノースリムまではあと少し。ホテルやガソリン・スタンド、レストランがあるJacob Lakeで食事と給油をしたら、州道67号へと右折。いいよいよ入口ゲートまで30マイルと近づきました。
30分ほど走って、遂にNorth Rim Entrance Station(ノース・リム・エントランス・ステーション)に到着。

距離にしておよそ300マイル、約5時間の道程でした。ロング・ドライブには違いありませんが、途中で見られる・・・どこまでも真直ぐな道や壮大な景色は、時間と距離を感じさせないほど魅力的です。
ノースリムの中については・・・また次回。

Gate


※グランドキャニオンやラスベガスについての詳しい情報は、ようこそラスベガスのHPをご覧下さい。各種ツアーやショー・チケット手配の他、動画や写真をお楽しみ頂くこともできます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。