ようこそラスベガス記者のブログ

カジノの街“ラスベガス”で発行されているフリーペーパー「ようこそラスベガス」の記者によるブログ。ホテルやカジノ、周辺国立公園や観光スポットなどを紹介。ここだけの裏話、裏情報も!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラフリン

今回はちょっといつもと趣を変えて、ある町のお話です。
Las Vegas(ラスベガス)から国道95号線を南へ車で2時間。“Laughlin(ラフリン)”という町があります。
20061016023111.jpg

このラフリン、弊社の社長の話によれば…その昔ここには、7台のスロット・マシーンしかないBarがあるだけでした。1966年に、Donald J. Laughlinという人物がそのBarを大変安い値段で買いとると、そこにはどんなカジノでも経営することができる許可が付いていました。そしてホテル経営を始めたラフリンさんのところに、ある日郵便局員がやってきて尋ねます。「この町の名前は何と言うんだい?」それに対しラフリンさんは「まだない」と。すると郵便局員は「お前の名前は何というんだ?ラフリンか…じゃあこの町をラフリンという名前にしよう!その代わり、お前のところで郵便業務をやってくれ」ということになり、現在でもホテル“Riverside(リバーサイド)”では、郵便業務をやっているというエピソードがあるそうです。
※町の入り口付近に立つ、ラフリンさんの銅像
20061016025844.jpg

※ホテル Riverside
20061016025914.jpg

その後、町は徐々に発展し…10年ほど前には町の人口が1年で5倍になるほどの成長を見せました。今ではすっかりカジノの町として定着し、“昔のラスベガスを思い出させる”と、年輩の方を中心に人気の町としてアメリカでは知られています。
※ラフリンの町の夜景
20061018062525.jpg


実際にどんな町か紹介しますと…
気候はラスベガスより少し暖かいのですが、すぐ横を流れるコロラド川からの風が心地良く、とても過ごしやすく感じます。私が訪れたのは9月下旬の週末ということもあってか…コロラド川ではジェットスキーをする人達も多く、地元の人達は川岸にテントを張り自前のジェットスキーを持ち込んで、また観光客はレンタルでそれぞれ楽しんでいました。
※ジェットスキーを楽しむ人達
20061016030149.jpg

※のんびり家族連れで訪れる人達
20061016030230.jpg

※コロラド川の水はこんなにキレイ
20061016031508.jpg

そうやって自然を楽しんでいる人達がいるかと思えば…コロラド川を挟んだ反対岸(アリゾナ州)に車を停め、無料の船で川を渡ってカジノでギャンブルを楽しむ!という人達も大勢いました。そう、何より驚いたのがカジノの盛況具合。川沿いに建つホテルとホテルの間を散歩できる“River Walk(リバー・ウォーク)”を歩いていると、まるでリゾート地を訪れているかのような錯覚に陥るのに、そこから一歩ホテルの中に入れば、そこは本場ラスベガスに迫るような一大カジノ。一杯のお客さん達が、各々にギャンブルを楽しんでいました。
※コロラド川を渡った、アリゾナ側にある駐車場
20061016030430.jpg

※この船は無料で両岸を往復
20061016031401.jpg

※お散歩には気持ちいい歩道、River Walk
20061016030322.jpg

ホテルと言えば…ラフリンには、Golden Nugget(ゴールデン・ナゲット)やFlamingo(フラミンゴ)、Harrah’s(ハラース)といったラスベガスでもお馴染みのものから、蒸気船の形をしたColorado Belle(コロラド・ベル)、ホテルの敷地内を蒸気機関車が走るRamada Express(ラマダ・エクスプレス)といった一風変わったホテルもありました。
※Colorado Belle
20061016030531.jpg

※Ramada Express
20061016030559.jpg

※機関車を待つホームには、西部劇を思わせるような人形が…
20061016030625.jpg

※機関車の整備は、マメに行われていました
20061016030738.jpg

いかがですか?昔のラスベガスを思い起こさせる町“ラフリン”。今のストリップは賑やか過ぎるという方、昔のラスベガスが懐かしいという方からカジノと自然を一度に楽しみたいという方、日本人にはあまり知られていないカジノに行ってみたいという方までオススメの町です。
ラスベガスを訪れてから、ちょっと足を延ばしてみるのも良いかもしれません。是非、機会があったら遊びに行ってみて下さい。

※グランドキャニオンやラスベガスについての詳しい情報は、
ようこそラスベガスのHPをご覧下さい。
各種ツアーやショー・チケット手配の他、動画や写真をお楽しみ頂くこともできます。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011年11月19日(Sat)19:56 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。