FC2ブログ
ようこそラスベガス記者のブログ

カジノの街“ラスベガス”で発行されているフリーペーパー「ようこそラスベガス」の記者によるブログ。ホテルやカジノ、周辺国立公園や観光スポットなどを紹介。ここだけの裏話、裏情報も!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ストリップの動物たち

ラスベガスで無料と言えば…各ホテルが主催する、充実の無料ショー。
数ある無料ショーの中には、“Circus Circus Hotel & Casino(サーカス・サーカス)”のサーカス・アクトのように、お子さん向けのものもありますが…大体は大人向けばかり。
そこで、ラスベガスを訪れるお子さん連れにオススメなのが、動物園より間近で見ることのできる動物たち。
まずは“The Mirage(ミラージ)”にいる動物。ミラージの無料ショーと聞くと、ホテルのシンボルとも言える火山噴火があまりにも有名ですが…お子さんには“White Tiger Habitat(ホワイト・タイガー・ハビタット)”がオススメ。毎日、朝10時半から夕方5時半の間、ホテル内のガラス張りになった場所で定期的にホワイト・タイガーを見ることができます。
20061021012653.jpg

20061021012727.jpg


続いては“MGM Grand Hotel Casino & Theme Park(MGMグランド)”の“Lion Habitat(ライオン・ハビタット)”。ここでは毎日、午前11時から夜10時の間、こちらもホテル内のガラス張りになった場所で、MGMのシンボル“ライオン”を見ることができます。こちらはかなり近い距離で、しかも今まで見ることのできなかった角度から鑑賞できるので、かなりオススメ。MGM映画のタイトルで“ガォーッ”とやっていた「レオ」の直系子孫もいますよ。
20061022095910.jpg

20061022095918.jpg

20061022095925.jpg


最後は“Flamingo Las Vegas(フラミンゴ・ラスベガス)”の“Wildlife Habitat(ワイルドライフ・ハビタット)”。フラミンゴ・ラスベガスの中には、その名前の通り“フラミンゴ”が生息するオアシスがあります。このオアシスにはカラフルな熱帯植物が生茂り、広い庭には涼しげな滝が流れ、フラミンゴをはじめアフリカ・ペンギンやアヒル、白鳥やカメといった動物たちがのんびりと過ごしています。オープンは24時間ですから、フラミンゴ・ラスベガスに泊まってちょこちょこ遊びに行くのも面白いかもしれません。
20061021012748.jpg

20061021012813.jpg


お父さんがカジノで遊んでいる間、お母さんとお子さんは動物を見に行く!といったラスベガスの過ごし方をしてみてはいかがでしょうか?

※グランドキャニオンやラスベガスについての詳しい情報は、
ようこそラスベガスのHPをご覧下さい。
各種ツアーやショー・チケット手配の他、動画や写真をお楽しみ頂くこともできます。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。