ようこそラスベガス記者のブログ

カジノの街“ラスベガス”で発行されているフリーペーパー「ようこそラスベガス」の記者によるブログ。ホテルやカジノ、周辺国立公園や観光スポットなどを紹介。ここだけの裏話、裏情報も!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブライスキャニオン国立公園

“ようこそラスベガス映像チーム”は、次なるロケに行ってきました。
 最初のロケ地はブライスキャニオン国立公園。
 ラスベガスから約250マイル。約4時間。
 
雪が積もり始めた山々を抜け
20061106083537.jpg


州道12号へ入ると現れる赤い奇岩。
レッド・キャニオン(Red Canyon)。
20061106075916.jpg
トラックの荷台にビデオカメラを構え、走りながらの撮影。
赤い岩山に加え、アーチをくぐったりと、ここのドライブも楽しめます。

そして、ようやくたどり着いたブライスキャニオン国立公園。
ここには15近いビューポイントがあります。その中からいくつかご紹介します。

サンセット・ポイント(Sunset Point)
20061106094055.jpg
一面に広がる尖塔群、フードゥー(Hoodoo)。
神秘的で神殿や要塞のようにも見える、自然が作り出したこの尖塔群は
はたしてどうやってできたのか?
人間に化けようとした動物が固まって石になった、とかつて考えられていたこともあったようですが、これは雨や川、風の侵食によるもの。それと雪の重みで岩の裂け目を押し広げ、このような尖塔群が生まれたのです。

ブライス・ポイント(Bryce Point)
20061106094535.jpg


パライア・ビュー(Paria View)
小さな尖塔もあれば、壮大な尖塔もあり、スケールをも感じさせます。



ヨビンパ・ポイント(Yovimpa Point)
ピンクがかった岩が陽を浴びてオレンジへと変化していき、白い岩がその傍らで輝きます。
YAVIMPA.jpg


そして、ここで見逃せないのが幾つもあるトレイル。
谷へ下りて、ひとつひとつの尖塔の色や大きさを肌で感じると、
ビューポイントからの景色も違って見えることでしょう。

ブライス・キャニオンには他では見ることのできない風景があります。
ここでしか感じ取れないエネルギーを感じに、一度来てみてください。

※この他、「ようこそラスベガス」には、ラスベガス周辺の大自然を中心としたハイビジョンの映像FOOTAGEを多数ご用意しております。お問合せは jcts@lvcm.com まで。

※グランドキャニオンやラスベガスについての詳しい情報は、
ようこそラスベガスのHPをご覧下さい。
各種ツアーやショー・チケット手配の他、動画や写真をお楽しみ頂くこともできます。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

初めて・・

こんにちは。
ブライスキャニオンの名前は知っていましたが、
初めて写真を見ました。

ちょっとグランドキャニオンと似たイメージを想像していたので、写真を見てビックリです。

かなり変わった谷ですね~

どうやったら尖塔があんな感じに削られるのでしょう・・?

珍しいものを見ることができました。
ありがとうございます~

これからも楽しみにしていますね~

TAKA | URL | 2006年11月10日(Fri)09:10 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。