ようこそラスベガス記者のブログ

カジノの街“ラスベガス”で発行されているフリーペーパー「ようこそラスベガス」の記者によるブログ。ホテルやカジノ、周辺国立公園や観光スポットなどを紹介。ここだけの裏話、裏情報も!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ケープ・ロイヤル(グランドキャニオン・ノースリム)

グランドキャニオン・ノースリム撮影話の続きです。

公園の入口ゲートを過ぎて最初に向かったのは、入口から約25マイル、南東へ大きく迫り出す断崖Walhalla Plateau(ワラヘラ・プラトー)の先端にある展望台Cape Royal(ケープ・ロイヤル)。

駐車場で車を降りて、割と歩きやすい道を5分ほど歩くと、左手前方の断崖に大きな穴が・・・。

ここはAngel’s Window(エンジェルズ・ウィンドウ)という、石灰岩でできた断崖が浸食され大きな穴が開いた、自然にできたアーチ。この穴からずっと先の方にはコロラド川が望め、写真を撮るには絶好の場所でした。普通に断崖からキャニオンを撮るのとは、一風変わった写真が撮れますよ!

20061011022553.jpg

さらに先へと約5分歩き、一番端のビュー・ポイントへ付きました。もちろんここからは、ノースリムの大峡谷が180度パノラマで眺めることができ、グランドキャニオンの壮大な景色をゆっくりと堪能。危ない所には手すりやフェンスも備えられていて、安全に景色を眺めることができました。

ケープ・ロイヤルはゲートから少し距離があるためか、他のビュー・ポイントより比較的空いていました。混雑が苦手な方にはお勧めですね。

次回はPoint Imperial(ポイント・インペリアル)について・・・。

※グランドキャニオンやラスベガスについての詳しい情報は、
ようこそラスベガスのHPをご覧下さい。
各種ツアーやショー・チケット手配の他、動画や写真をお楽しみ頂くこともできます。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。