ようこそラスベガス記者のブログ

カジノの街“ラスベガス”で発行されているフリーペーパー「ようこそラスベガス」の記者によるブログ。ホテルやカジノ、周辺国立公園や観光スポットなどを紹介。ここだけの裏話、裏情報も!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イエローストーン2

“ようこそラスベガス映像チーム”、ロケ・レポートの続きです。

アメリカの国立公園のDVDを作ろう!と、現在あちらこちらの国立公園をハイ・ビジョン・カメラで撮影して回っています。

前回も書きましたが、今回は世界初の国立公園「Yellowstone National Park(イエローストーン)」に行ってきました。

オールド・フェイスフル・ガイザーでの感動が覚めやらぬまま…その後、すぐ隣に建つロッジ“Old Faithful Inn(オールド・フェイスフル・イン)”で昼食をとりました。ここは1904年から100年以上の歴史を持つ、丸太で作られた大きなロッジです。ロッジの中は、むき出しの直径1mはあろうかという大きな丸太が見事に組み合わされ、温かみのあるややオレンジ色の照明が落ち着いた雰囲気を醸し出していました。(ちなみに…ここの2階のテラスからはオールド・フェイスフル・ガイザーが一望でき、運良くここに予約を取ることができたら、ゆっくりと特等席で間欠泉の噴出を楽しめそうでしたよ。)
Lodge.jpg

さて、今度は北西のエリア“Manmoth Country(マンモス・カントリー)”へ向かいました。向かう途中、右手を流れる川に突然大きな滝が出現。それは“Gibbon Falls(ギボン・フォールズ)”という滝で、上から下までの落差は何と26m。正面から見ると手の甲を見せられている様に、水が落ちるにつれて次第に横に広がっていました。日本の細長い滝とは違う、いかにもアメリカの滝という印象を受けるこの“ギボン・フォールズ”を数カット押さえ、引き続き“マンモス・カントリー”へ。
20061006054431.jpg

マンモス・カントリーは、地底から湧き出た温泉に含まれている石灰分が蓄積されて、それが何十にも重なってできた段丘“Terrace Mountain(テラス・マウンテン)”が中心のエリアです。その中も、高いところにあるアッパー・テラスと低いところのロウアー・テラスに分かれていて、最初に撮影したのはアッパー・テラスにある“Orange Spring Mound(オレンジ・スプリング・マウンド)”。これは白色と黄色の石灰が、高さ4mほどに盛り上がったもので…オレンジ色にも見えるその姿は、本当に石灰でできているの?と目を疑うほどでした。
そして、正面を撮影して裏手へと回ってみると…なんとそこには虹色に輝く部分が!石灰が虹のように何色も交じり合っているなんて、想像もできませんでした。
20061006054453.jpg

最後はいよいよ、アッパーからロウアーへとかけて、このエリアのメイン“テラス”を撮影。まるで塩の固まりかの様にも見える、石灰でできた段の丘は、枯れ木をも閉じ込めながら幾重にも続いていました。本当に白い部分は、洞窟によくある結晶のようにも見え…硫黄の匂いが周りに漂っていなければ、温泉が湧き出てできたことを忘れてしまうほど不思議な光景でした。
20061006054514.jpg

夕日に照らされた、この白い石灰のテラスを幻想的に撮影し、スケジュールは無事すべて終了。マンモス・エリアにあるレストランで、夕食にすることになりました。ここで2つ驚いたことが!1つ目は、レストランの周りに広い芝生があったのですが、そこにたくさんのエルクがまどろんでいたんです。パーク・レンジャーが監視をしながらも、比較的近くで写真を撮る人達もいて…アメリカの国立公園は流石だと関心。
20061006054527.jpg

2つ目に驚いたことは、レストランで食べたバッファローのお肉の美味しさ。まず、バッファローがメニューにあったことに驚いたんですが、どうせ硬くて匂いもキツイんだろうな…と、最初は疑心暗鬼で注文しました。しかし、一口食べてみてビックリ!美味しい!とても柔らかく、ほのかに甘い味がして…想像の10倍は美味しかったと言っても過言ではありませんでした。プロデューサー曰く、バッファローはその昔乱獲によって数十頭にまで数が減ってしまったそうです。それが今では、レストランで出せるほど増えてきたのですが…皆で、これだけ美味しかったら数が減った理由も分かる気がするね…などと話していました。とにかく、バッファローはとてもお勧めです!もしイエローストーンを訪れる方がいらっしゃったら、騙されたと思って食べてみて下さい。決して後悔はしないと思います。
20061006054535.jpg


※グランドキャニオンやラスベガスについての詳しい情報は、
ようこそラスベガスのHPをご覧下さい。
各種ツアーやショー・チケット手配の他、動画や写真をお楽しみ頂くこともできます。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。